社会保険労務士の通信講座の受講料に支援がある? 

社会保険労務士の通信講座は、安くて評判が高いところに運よく出会えた場合でも、どうしてもまとまった金額は必要ですね。単発の講座等を除外すると、数万円は必須です(それよりはるかに安い通信講座があったら、それはおすすめできません……相場より極端に安い講座には何かウラがあるかもしれませんから)。

収入や預貯金に余裕がある志願者なら、おそらく数万円くらい簡単に払えるでしょう。とはいえ、社会保険労務士の志願者の財政事情はピンキリのはず。フリーターや失業者、あるいは学生等であれば一括で払えないことだってあるかもしれません

そのような場合は、通信講座の受講料を助けてくれる制度がないか確認してみましょう。最近は、厚生労働省と提携している通信講座が増えている時代です。特に失業保険をきちんと払っていた経験があるケースなら、受講料について支援してもらえるチャンスがあります(ただし、申し込みの際にすぐに金銭支援をしてもらえるわけではない点に留意)。

※この制度はごく最近はじまった制度ではありません。実際に、全国的にかなりの知名度を獲得している制度です。それなのにまだ情報に疎いばかりにこの制度が使える状況にありながら、この制度を使うチャンスを逃している受験者がかなり多いという意見があります。

せっかく、国が受講料を立て替えてくれるようなサービスを続けているのですから、使えるものはどんどん使う考え方を持つことが大事でしょう。

>>最も合格率が高いとされる社労士の通信講座とは

社労士通信講座 TOP