社会保険労務士の通信講座の合格率とは? 

社会保険労務士の通信講座を決めるには、できるだけ各講座の情報を深く調べ上げないといけません。口コミや他人の評価は参考になりますが、最後には自分自身の目・耳で講座を確認するしかないですね。

ところで、社会保険労務士の通信講座を比較するとなったら、費用であったりテキストの内容であったりと、項目ごとにチェックしようとするのが妥当な方法ではないでしょうか。その作業を実際にやると、気が付くことがあります。「受講者の合格率を発表している通信講座は、めったにない」という事実に、ですね。もしくは、合格率を発表していない通信講座にしか出会えない受験者だって少なからずいるはずです。

それではどうして、そのような違いが出てくるのでしょうか。これは、各通信講座側の事情が渦巻いているため、確かなことは判然としません。

推測するなら、受講者の合格率が芳しくないという可能性があるでしょう。受講者の合格率が、世間の平均値と比べたときにあまり変わらないなら、それを正直に発表したところでPR効果はほとんど期待できません。そして、世間の相場と比べて見劣りするような結果だったとしたら、やはり発表したくないでしょう。

※もちろん、これはネガティブなケースについての推測です。ネガティブではない理由がある社会保険労務士通信講座だってあるでしょう。正確な調査が困難なために、泣く泣く合格者の集計や合格率を突き止める作業を断念していることだってありそうなものです。

ここでは、合格率を発表している社会保険労務士講座にもし出会えたら、前年度やその前のデータも参照してみることをおすすめします。そのような通信講座は、自社の合格率に自信を持っているはずです。そして、全国平均の合格率と数年間分の比較をしてみましょう。きっと、合格率が安定して高いことがわかるはずです。

>>最も合格率が高いとされる社労士の通信講座とは

社労士通信講座 TOP