独断と偏見で選ぶ「社労士通信講座トップ3」

ここまで、「TAC」「LEC」「大原」「ヒューマンアカデミー」「ユーキャン」「フォーサイト」「クレアール」「エル・エー」「日本マンパワー」「プロカレッジ」の社労士通信講座について紹介してきました。
それぞれに特徴があるので、それを踏まえたうえで、自分のニーズや学習環境等に合った通信講座を選べば良いと思いますが、その一方で「10講座もあるので、迷って決められない」といった人もいるかもしれません。そこで、管理人が独断で偏見で選ぶ社労士通信講座トップ3を最後に紹介したいと思います。

●第1位:フォーサイトの社労士通信講座
本サイトで紹介した10講座すべてを改めて見てみると、当然と言えば当然なのですが、講座の内容が充実しているものは高額で、逆に講座の内容が簡素なものは、そのぶん料金も安い傾向にあります。
そのような中にあってフォーサイトの社労士通信講座は、料金は業界最安クラスであるにも関わらず、講座内容の充実度合いは業界トップクラス。まさに全10講座のうち、もっともコストパフォーマンスに優れた通信講座ということで、1位に選びました。
【特徴】
・ハイビジョン撮影の講義DVD
・学習効果の高いフルカラーテキスト

●第2位:TACの社労士通信講座
TACの社労士通信講座には、目立って大きな特徴というのはありません。その代わり、通信講座に必要な要素、たとえばカリキュラム、講義、教材、受講生フォローなどはすべて高い水準に保たれています。
また、社労士通信講座は一種類ではなく、受講生タイプに応じてさまざまなコースが用意されていますし、講義メディアも複数ある中から選択することができます。
その意味では、受講生を選ぶことなく、万人が安心して受講できる通信講座だと思います。
【特徴】
・最大手ゆえの安定感
・多様なコースと講義メディア

●第3位:LECの社労士通信講座
LECの社労士通信講座は、TACとはまさに対照的。カリキュラムしかり教材しかり、ユニークなアイディアを形にして、独自色を強く打ち出しています。
その意味では、万人向けとは言い難い面もありますが、今後も要注目の通信講座ということで、3位に選びました。
【特徴】
・工夫を凝らしたカリキュラム
・オリジナルの学習ツール

>>最も合格率が高いとされる社労士の通信講座とは

社労士通信講座 TOP