シンプルで低価格な「日本マンパワー」の社労士通信講座

このページでは、日本マンパワーの社労士通信講座を紹介します。

<日本マンパワーの社労士通信講座>

料金 47,250円
教材 基本テキスト(10冊)、問題集(2冊)、添削問題(8回)、模試他
こんな人におすすめ ・初学者
・過剰なサービスは不要な人
・費用をできるかぎり抑えたい人

日本マンパワーは、純然たる資格の学校あるいは通信教育会社というわけではありません。企業を対象にした人材の紹介やコンサルティングを本業にしていて、キャリア開発の一環として、各種資格の通信講座も行っています。社労士通信講座もまさに、そのなかのひとつというわけです。

そうした会社としてのバックボーンがあるため、日本マンパワーのホームページを覗いてみると、社労士の仕事内容や将来性、資格取得のメリットといった、自身のキャリアについて考えるうえで有益な情報がふんだんに紹介されています。
資格の学校や通信教育会社にとっての目標とは、受講生を試験に合格させることにあるわけですが、日本マンパワーの場合、合格させて終わりではなく、その先のキャリアについても見据えているように感じられます。

さて最初にも述べた通り、日本マンパワーの本業は人材の紹介・コンサルティングです。とは言え、通信講座事業は片手間で行っているわけではなく、たとえば社労士通信講座について言えば、開講は1978年ですので、実に30年以上もの指導実績があります。

そうした長年の指導実績は、教材の質によく反映されているように思います。
日本マンパワーの社労士通信講座には講義メディアが付かず、送られてくる紙教材を使った独学が基本なのですが、重要ポイントがコンパクトにまとまっていて使いやすい、との印象を抱きます。特に、科目をまたいで最重要ポイントを解説した「横断学習ノート」は使い勝手が良さそうです。

紙教材だけを使っての独学ということで、不安に感じる人も多いと思いますが、選択式・択一式それぞれの対策問題集を用意することでアウトプット学習をきちんと担保するとともに、全8回の添削と試験直前の模試によって、自らの弱点をきちんと把握できるような講座構成になっています。

>>最も合格率が高いとされる社労士の通信講座とは

社労士通信講座 TOP