講義良し!テキスト良し!の「フォーサイト」の社労士通信講座

このページでは、フォーサイトの社労士通信講座を紹介します。

<フォーサイトの社労士通信講座>

料金 47,800円
教材 フルカラーテキスト(9冊)、講義DVD(33枚)、確認テスト他
こんな人におすすめ ・初学者
・得意・不得意に合わせて受講内容をカスタマイズしたい人
・講義やテキストの質・見栄え両方を重視する人

フォーサイトの社労士通信講座でまず特徴的なのは、受講内容をカスタマイズできる点にあります。上の表で紹介したのは、講義中心の「基礎講座」なのですが、その他にも演習中心の「過去問講座」や、法改正対策編・年金総まとめ編・横断まとめ編・択一対策編・選択対策編といった各種「直前対策講座」があり、自分の得意・不得意に応じて、それらを自由に組み合わせて受講することができます。
初学者には「基礎講座」「過去問講座」「直前講座」のすべてがセットになった「バリューセット2」がおすすめですが、講座単品ではなくセットで申し込むと、特別割引が適用されるので、お得度も非常に高いと思います。

さて肝心の講座の中身に関してですが、「専業型」の会社だけあって、通信講座の受講生のことをよく考えて作られている、との印象を持ちます。

そのことは特に、講義DVDの質に顕著に表われていると思います。
フォーサイトの社労士通信講座の講義DVDは、専用のスタジオでハイビジョン撮影されたものです。そのため画質・音質はとてもクリアで、小さなTV画面で視聴したとしても何のストレスもありません。社労士試験の受験勉強は1年間の長丁場になりますから、日々の受講の快適性というのは、実は通信講座においてもっとも重要な要素と言っても過言ではありません。

また、フォーサイトの社労士通信講座では電子黒板を使用しています。通常の黒板ですと、一々書いたり消したりする時間が講義時間の中に含まれてしまいますが、電子黒板にはそうしたロスがありませんし、何よりカラフルで見やすいといった利点もあります。

「カラフル」ということで言えば、フォーサイトの社労士通信講座のテキストはフルカラー印刷である点も、最後に付け加えておきたいと思います。
通信講座の多くが、テキストをモノクロや二色刷にするのはあくまでも自社のコストを考えてのこと。しかし、受講生のことを考えれば、見やすいフルカラーの方が断然良いわけで、このあたりにも、フォーサイトの真摯な企業姿勢がうかがえます。

>>最も合格率が高いとされる社労士の通信講座とは

社労士通信講座 TOP