大幅にリニューアルされた「LEC」の社労士通信講座

このページでは、LECが提供している社労士通信講座を紹介します。

<LECの社労士通信講座>

講座名 新合格コース
料金 238,000円
教材 詳細不明
こんな人におすすめ ・初学者
・ユニークなカリキュラムや教材で学習したい人

LECもメインで手掛けているのはあくまでも通学講座ですので、社労士通信講座の講義や教材は、基本的には通学講座と兼用になっています。
ただし、LECの社労士講座は大幅にリニューアルしたみたいで、他の資格の学校とは一線を画す、さまざまなユニークな試みを行っていることがうかがえます。

まずカリキュラムに関して言えば、リニューアルに伴い、「国民年金」科目と「厚生年金」科目を一科目に統合しています。試験科目上は別科目である「国民年金」と「厚生年金」ですが、同じ年金制度の1階部分と2階部分ということで内容に共通点も多いため、一科目にまとめて並行して学習した方が、確かに効率的と言えるかもしれません。

また同じくカリキュラムに関して言うと、労働保険科目からではなく、苦手にする受験生が多い年金科目から学習をスタート。それによって、年金科目の学習時間をより多く確保し、苦手科目を得意科目に変えることができるとのことです。難しい科目から学習を始めるのは、挫折のリスクも孕みますが、ここを乗り越えさえすれば後の学習がだいぶ楽になることは間違いないでしょう。

教材についても、ユニークな試みがうかがえます。
まずは文章を極力排して、図解を中心に構成することで、これまでのテキストとは異なる「合格のためのツール」としてのコンセプトを強く打ち出しています。加えて、冊子形式ではなくバインダーを使った加除式にすることで、持ち運びの際の利便性も高めています。

そして「楽習スルーノート」という教材もユニークです。「社労士試験の受験勉強のコツは復習にある」とよく言われますが、この「楽習スルーノート」というのは、復習を短時間で効率的に行えるように開発した新型教材とのことです。

カリキュラム・教材ともに、他の通信講座とは少し異なる部分がありますが、オーソドックスな学習で上手くいかなかった受験生は、LECの社労士通信講座を試してみてはいかがでしょうか。

>>最も合格率が高いとされる社労士の通信講座とは

社労士通信講座 TOP